コラーゲン注入 | コラーゲン、ヒアルロン酸、ボトックス注入療法なら東京千代田区の神田美容外科形成外科医院

MENU
閉じる

コラーゲンとは

コラーゲンとは体のいたるところに存在しており、細胞と細胞を結合する働きをしているタンパク質の一種です。主に皮フや骨などに多く、身体全体の30%をコラーゲンが占めています。
特に皮フの真皮層には70%と多くのコラーゲンがびっしりとつまっており、肌の弾力を保っています。
このコラーゲンは、「つきたてのお餅のような」などと言われる 赤ちゃんの時期が一番多く、それが加齢や日焼けなどにより体内のコラーゲン代謝が悪くなり、柔軟性や弾力性を失うことでシワやたるみとなるわけです。
このようにコラーゲンは生命活動に関係する重要なタンパク質であり、その性質が結果として美容において特に有用であるといえるのです。

目尻注入前 目尻コラーゲン注入後

そのほかの症例はこちら

コラーゲンの注入について

◆皮内テストの様子

 

目の下シワコラーゲン注入[動画] - injection of collagen to lower eye lid

コラーゲン注入のイメージをつかんで頂くために、院長自ら自身の目の下シワへコラーゲン注入。

涙袋コラーゲン注入[動画] - making a prominence of the edge of lower eye lid by collagen

2種類のコラーゲンを使って涙袋を作ります。

下口唇コラーゲン&ヒアルロン酸注入[動画] - injection of collagen and hyaluronic acid to lower lip

コラーゲン注入で輪郭をハッキリさせて、ヒアルロン酸注入でふっくらとボリュームを出します。

コラーゲン製剤

ウシ由来のコラーゲン

●アテロコラーゲン(厚生労働省認可)

仔牛の皮膚から採取したウシコラーゲンは30年以上シワの治療に使われています。
注入剤によるシワ取り治療では一番歴史の長い注入剤なので安全性と有効性は他の注入剤に比べ長期間の裏付けがあります
まれに体質にあわない方がいらっしゃるので、事前に皮内テストが必要になります。

コラーゲンの特徴

現在、治療に使われるコラーゲンは日本のメーカーで製造されているウシコラーゲンで、仔牛の皮フから抽出したコラーゲン製剤です。
元々体内にあるタンパク質なので、外から注入しても体内コラーゲンと結びつきやすいため仕上がりが自然で違和感がありません。
ただし、約3%の人に陽性反応(発赤・腫脹・かゆみなどのアレルギー症状)を起こします(アレルギーの既往歴には関係ありません)。そのため、注入前には必ず皮内テストを行い、4週間ほど経過を診てから治療に入ります。
このアレルギーテストは原則2回をセットで行います。これは、1回目に陽性反応が見られなくても、2回目で陽性反応が現れる、というような「遅延反応」 が起こるケースがあるためです。製造メーカーも2回のテストを推奨しています。

注入時は、注入剤に含まれる水分が注入後に減少するのを考慮して、やや盛り上げ気味に注入します。
この日本製のウシコラーゲンは濃度の低い製品をラインナップしているため、皮フの薄い目の下のシワや浅いシワなどには最適なコラーゲンと言えます。
特に涙袋を作る時は不自然に膨らみ過ぎず、自然な涙袋に仕上がります。

コラーゲンの効果

  • アレルギーテストを行うことで高い安全性が得られます。
  • 人に気づかれずにシワ治療をしたい人や顔にメスを入れずに若返りたい方に向いています。
  • 効果が約6ヶ月~1年くらい続きます(注入剤の濃度や個人差により持続期間は異なります)
  • 注入剤の濃度が幅広いため、細かいシワから深いシワまで対応可能です。
  • シワ以外にも外傷性の凹みや手術痕などにも有効です。
  • 体内のコラーゲンと結びつくため、仕上がりに違和感がありません。
  • 特に目の周囲にはとても相性がよく、目の下などの薄い皮フに注入しても自然になじみます。
  • 定期的に注入することでシワの進行を遅らせることができます。

コラーゲンの注意事項

  • 注入可能となるまでに、皮内テストでの経過観察が必要なため、最短でも4週間の時間が必要となります。
    このテストで陽性反応を起こしてしまった場合には使用できません。
  • 陽性反応の人に注入するとコラーゲンが吸収分解されてなくなるまで、半年~1年半ほどの間、注入部位が赤く腫れるなどの症状が続きます。
  • 濃度を上げると効果は持続しますが、仕上がりを美しくするためには皮フに合った濃度を選ぶ必要があります。
  • まれに注入部位が白く浮き出ることがあります。
    いずれ吸収され目立たなくなるものの、気になる場合は白く浮き出た部分のまわりに低濃度のコラーゲンを入れてあげることで解消することができます。
  • 皮膚のたるみが大きい場合、注入だけでは対応できない場合があります。
    また、状態によっては他の施術(脂肪注入やPRP注入等)の方が良い場合があります。
  • 注入後は体内で自然に分解されるまで元に戻すことはできません。
ほうれい線注入前 ほうれい線コラーゲン注入後

そのほかの症例はこちら

施術について

治療可能部位

その他の治療可能部位
  • 目の下のシワ
  • 目の下の凹み
  • 涙袋を作る
  • クマを治す
  • ゴルゴ線
  • おでこを出す
  • 鼻を高くする
  • 顎を出す
  • 頬を膨らませる
  • 口をふっくらさせる
  • コメカミを膨らませる
  • ニキビ跡
  • 傷跡
    など

治療の流れ

  1. カウンセリング
    改善したいシワはどこか、そのシワにはどんな注入剤が良いかを相談し決めていきます。
    (テストが必要な注入剤は経過を診るために当日注入は出来ません)
  2. マーキング
    コラーゲンを注入する部位にマーキングをし、患者さんに確認していただきます。
  3. 外用麻酔薬を塗る
    こちらはご希望の方のみとなりますが、痛みに弱い方には麻酔薬を塗ります。
    30分程度お待ち頂ければ麻酔の効果が出てきます。
  4. 注入
    マーキングをした部分に注入をしていきます。
  5. 終了
    注入後は軟膏を塗ります。
    パウダータイプの化粧品ならば直後から塗ってお帰りになっても大丈夫です。
    3時間経過したら、洗顔やその他のお化粧も可能となります。

料金表はこちら

Dr.征矢野式アンチエイジング治療一覧Dr.征矢野式アンチエイジング治療一覧

カウンセリングご予約・ご相談

メール相談

Dr.征矢野の注入動画:目の下しわへ自ら注入!Dr.征矢野の注入動画:目の下しわへ自ら注入!

神田美容外科形成外科医院

神田美容外科形成外科医院

03-3257-0111

【住所】東京都千代田区鍛冶町2-7-2 後藤ビル7F
【診療時間】平日10:00~18:00 土曜10:00~14:00
【最寄駅】JR神田駅東口 東京メトロ銀座線1番出口 徒歩1分
【休診日】日曜・祝祭日

PAGE TOP